マキベリーとは?,効果,サプリ

【必見】マキベリーとは?優れた効果を持つホルトノキ科の果物!

ホルトノキ科のマキベリーとは?寒い地方で出来る果物?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

ツツジ科の植物は、ブルーベリーなどが有名ですが、

似たような品種が多数存在します。

 

 

 

例えば最近知名度が高くなっているのはアサイーベリーでしょうか?

 

 

 

アサイーベリー自体、ブルーベリーを遥かに上回るポリフェノールを

含んでいるとされていますので、最近では健康に良い果物として知られています。

 

 

 

コンビニ、喫茶店などでドリンクやスムージーを見かけた人は多いと思います。

 

 

 

また、ブルーベリーと同様にサプリメントも多数販売されています。

 

 

 

では、マキベリーはどうなのでしょうか?

 

 

 

これも同じベリー系ですが、ホルトノキ科の果物に該当します。

 

 

ですが、日本では生産されていない品種であり、

世界で生産されているのは、チリのパタゴニアと呼ばれている地域です。

 

 

 

このパタゴニア。

 

 

 

日本の冬の季節であれば逆に向こうが暖かく、逆にこちらが暑ければ向こうは寒いという、

全く逆の気候と言われています。

 

 

 

ただし、逆の気候と言っても、特徴としては

 

  • 乾燥しやすい地域
  • 年間の平均温度がかなり低め

 

という特徴があります。

 

 

 

最高気温も20℃まで到達することも無いでしょう。

 

 

 

最高気温の低さは北海道程度かそれ以上と考えても良さそうです。

 

 

 

ですが、逆に寒暖差がそれほど大きくなく、

マイナス20℃まで冷え込む・・・なんてことは無いようですね。

 

 

 

少なくとも常に氷点下ということはないようです。

 

 

ベリー系の植物の特徴

 

これらのベリー系の植物に関しては、

このように比較的寒い季節が適していると言われています。

 

 

 

日本でもこのベリー系の植物が比較的多く生産されているのは、

北海道と言われており、やはり寒い地域に適していると考えられます。

 

 

 

更に、寒暖差が少なく、

全体的な基本が低いところが最も適していると言われています。

 

 

 

この条件に当てはまっているのは、

チリのパタゴニア地方が最適とされています。

 

 

 

この植物の特性から、

マキベリーは数あるベリー系の果物のなかでも、

トップクラスの成分量を誇るとされています。

 

 

 

例えばこの図で示しているとおり、

ポリフェノールの成分量が最も優れていると言われています。

 

 

やはりマキベリーの成分量が優秀とされているのは、

この特性によるものでしょう。

 

 

 

もしあなたがベリー系の果物を活用したいと考えているのであれば、

最も適した気候で生産されているマキベリーを考えてはいかがでしょうか?

 

 

 

ホルトノキ科と少し分類は違うものの、ベリー系特有の酸味、甘さという点では、

比較的似ている部分も多く、それほど大きく違いはないと言えます。

 

 

 

マキベリーとは?優れた効果のスーパーフルーツ!

 

 

 

 

 

 

タグ :    

マキベリー豆知識

当サイト厳選ランキング

当サイトで厳選したおすすめサプリを一挙公開!

 

>>ランキングはこちら<<

TOPへ戻る