マキベリーとは?,効果,サプリ

【必見】マキベリーとは?優れた効果を持つホルトノキ科の果物!

マキベリーとルテインはセットになっていることが多い!?その理由は?

読了までの目安時間:約 6分

 

マキベリーのパウダーやサプリメントを見ていればなんとなくわかりますが、

一緒に配合されている成分にルテインが多いです。

 

ルテインとはマリーゴールドの花から抽出することができるポリフェノールであり、

マキベリーが持っているアントシアニンと非常に相性が良いためです。

 

DSC_0304

 

アントシアニンと言えばなんとなくイメージができるかもしれませんが、

肌、目など、紫外線や外気に晒されがちな部分に対して、

バリアのような役目を持っていると言われています。

 

もちろん抗酸化力に期待できるポリフェノールでもあります。

 

マキベリーはアントシアニンが豊富な果物と言われており、

同系統の果物であるブルーベリーやアサイーベリーなどと比較して、

数倍以上の含有量を誇っていると言われています。

 

例えばその含有量を示したものがこの表になります。

 

 

いかがでしょうか?

 

マキベリーが非常に優れたポリフェノールを含んでいるのがわかりますよね?

 

抗酸化力にも優れていながら、アントシアニンが豊富であることにより、

外気からの保護にも期待できるとされています。

 

実はルテインも同じような効果を持っているポリフェノールと言われています。

 

 

マキベリーのアントシアニンとセットで配合することで、

より大きな抗酸化力に期待できるのではないでしょうか?

 

その証拠にマキベリーの商品に関してはルテインをセットで配合しているものが多いです。

 

マキベリーは疲れ目に効果があるとして販売されているものも多く、

目の疲れに対して効果があるとしてルテインも配合されています。

 

ですが、もちろんこれだけではありません。

 

実はこれ以外にも必ずと言っていいほど配合されている成分があります。

 

それがDHA、EPAといった成分です。

 

これは一時期流行っていましたので、知っている方も多いかもしれませんが、

サンマ、イワシなどの青魚によく含まれている成分と言われています。

 

 

血液をサラサラにする。

 

そんな話を聞いたことがある人も多いと思いますが、

実はDHAやEPAがマキベリーの商品とセットで配合されている理由として、

栄養素の循環能力が良くなるというものがあります。

 

いくら栄養を摂ったとしても、それが体内にきちんと吸収されなければ、

意味がないですよね?

 

これはマキベリーに関しても全く同じことが言えます。

 

つまり、マキベリーのアントシアニンやルテインといったポリフェノールの他、

マキベリーが持っているビタミンやカルシウム、鉄分などの栄養素。

 

これらを体中に巡らせるように、補助的なサポートをしてくれるのが、

DHAやEPAといった成分です。

 

 

これはマキベリーのサプリメントに限った話ではなく、

さまざまなサプリメントなどに使用されています。

 

もちろんさきほどお伝えした、

栄養素の循環を良くするという効果を狙ってのことだと思いますので、

栄養素+循環能力を良くするという非常に相性が良い組み合わせと言えるでしょう。

 

 

以上がマキベリーのアントシアニン、ルテイン、DHA、EPAの関係になります。

 

この組み合わせがサれているサプリメントは多数ありますが、

一つ例を挙げるとすればクッキリンでしょうか。

 

このような商品になります。

 

 

これはマキベリーエキスがかなり多く配合されているのにもかかわらず、

2,500円程度とかなりリーズナブルな価格設定になっており、

更にルテインも、DHA/EPAがもセットで販売されています。

 

厳密に言えばもう少し安いマキベリーサプリメントもありますが、

ルテインDHAなどが配合されていない、マキベリーのみのサプリメントが多いです。

 

価格も数百円しか違わないため、わざわざそちらを購入するよりは、

この相性の良い組み合わせがセットになっているクッキリンが最もおすすめできます。

 

 

マキベリーサプリおすすめランキングはこちら

 

タグ :      

マキベリーとポリフェノール マキベリーサプリ

当サイト厳選ランキング

当サイトで厳選したおすすめサプリを一挙公開!

 

>>ランキングはこちら<<

TOPへ戻る