マキベリーとは?,効果,サプリ

【必見】マキベリーとは?優れた効果を持つホルトノキ科の果物!

マキベリーは神聖なものとして扱われてきた!?どうしてなの?

読了までの目安時間:約 4分

 

 

 

マキベリーはチリのパタゴニア地方でのみ生産されている果物であり、

ベリー系の果物のなかでも最高峰のポリフェノールを含んでいることで有名です。

 

 

 

そして、原産国であるチリでは、
神聖な木、聖なる木として扱われてきた経緯があると言われています。

 

 

 

マキベリーを昔から活用してきたのは、先住民族であるマブチェ族と言われており、

さまざまな活用方法がされてきた経緯があるようです。

 

 

 

例えば、滋養強壮効果があるとして扱われてきたり、

体調が悪いときでもマキベリーを食べて体調回復を目的として使ったりなど、

あらゆる活用方法があったようです。

 

 

 

もちろん当時は優れたポリフェノールがある

ということが判明していたわけではないと思います。

 

 

 

実際に使用して効果を実感したからこそ、

活用方法を見出しているという事になりますね。

 

 

 

マキベリーとは少し違いますが、

私の場合、昔から葛湯なんかが健康に良いということで、

おばあちゃんから飲ませてもらっていました。

 

 

 

葛湯が健康に良いというのはなんとなく知っていると思いますが、

これは葛湯自体がイソフラボンと呼ばれるポリフェノールが豊富であるためで、

肝機能の強化や代謝の活性化に有効とされているためです。

 

 

もちろんこれ、おばあさんたちの世代は、

こんな細かいことまで知らないですよね?

 

健康に良いということでただ飲んでいただけだと思います。

 

マキベリーでも葛湯でも、このように昔から健康に良いということで、

知られてきた果物は多数あり、それらはすべて、

実際に使用していた人達によって判明されたものである

ということになりますね。

 

 

 

神聖なる木になる実ということで、

生産量も市場流通量も決して多くはなく、

希少な果物として扱われているのがマキベリーです。

 

 

 

今ほど流通が良くなかった時期では、

一部のセレブだけが使用している特殊なフルーツとして

扱われていたようですね。

 

 

 

このように、マキベリーはそのポリフェノールの高さから、

さまざまな場面で重宝する果物として扱われているようです。

 

 

 

そして、現在でもマキベリーが持っているポリフェノールや

栄養を上回る果物がなかなかないことから、

今後はますます注目が集まってくるでしょう。

 

 

 

もしかしたら品種改良により、日本でも生産・・・

なんてことになるかもしれませんね。

 

 

 

マキベリーとは?優れた効果をもつホルトノキ科の果物

 

タグ :    

マキベリーの効果 マキベリー豆知識

当サイト厳選ランキング

当サイトで厳選したおすすめサプリを一挙公開!

 

>>ランキングはこちら<<

TOPへ戻る