マキベリーとは?,効果,サプリ

【必見】マキベリーとは?優れた効果を持つホルトノキ科の果物!

アサイーベリーはもう時代遅れなのか?マキベリーが優れている!?

読了までの目安時間:約 6分

 

マキベリーに関しては知名度が低く、知らない人も多いかもしれませんが、

アサイーベリーをご存じの方は多いと思います。

 

 

コンビニなんかでもドリンクがよく販売されていますし、カフェなんかでもよく見かけますね。

 

実は私自身も一時期ハマっていたことがあり、少し酸味が強いのですが、

甘いお菓子何かと組み合わせると結構一気に飲んでしまいますね。

 

まあもったいないんですけど(笑)

 

さて、そんなアサイーベリーですが、もう時代遅れなんて話をチラホラ見かけます。

 

ネットでもアサイーよりも○○という情報を結構見かけますし、

yahoo知恵袋などでもそのような意見を見かけましたので、

ここで私なりの見解を述べてみたいと思います。

 

確かにマキベリーなんかと比べればポリフェノールの含有量は段違いと言っていいほど劣っていますし、

そう考えてしまっても不思議ではありません。

 

それはこの表を見ても明らかですよね?

 

 

いかがでしょうか?確かにポリフェノールと言われた場合、

マキベリーに勝るものは存在しないのも事実です。

 

ですが、結論を言うと、これは半分が正解で半分は不正解ということになります。

 

そもそも品種が違う??

まずこれらはベリー系の果物であるという点では同じですが、

最も異なるのは品種です。

 

マキベリーはホルトノキ科と呼ばれる品種に分類され、チリの高原地帯の、

気温差が低く、それでいて平均気温が低い地域に適しているとされています。

 

これに対してアサイーベリーはヤシ科の品種に分類されます。

 

そして原産地はブラジルなどであり、国も品種もマキベリーとは全く異なりますので、

ポリフェノールという点ではたしかにマキベリーに劣っていますが、

それでもアサイーベリーに全く見る点がないか?と言われるとそんなことはありません。

 

アサイーベリーはこんな特徴がある

 

繰り返しになりますが、たしかにアサイーベリー自体、

マキベリーよりもポリフェノールで劣っているのは事実です。

 

ですが、そのかわりにアサイーベリーは非常に栄養価が高いという特徴があるのも事実です。

 

例えば代表的なものを一つ上げるとすれば鉄分でしょうか。

 

普通果物にはあまり鉄分が含まれていないのですが、

アサイーベリーはそのイメージを覆し、鉄分が豊富であるという特徴があります。

 

鉄分と言えばレバーなどが有名ですよね?

 

結構を良くするため、貧血を良くするためにレバーを食べている人は多いと思いますが、

実はアサイーベリーのほうがレバーよりも鉄分が豊富だったりします。

 

数値にすると役3倍の含有量を持っていると言われています。

 

これはほんの一例ですが、その他にも豊富と言われているのが、

カルシウムだったりします。

 

カルシウムに関してはもはや言えば言うまでもありませんが、

牛乳などが最も有名ですし、骨を上部にするという点で牛乳を飲むのは日常茶飯事でしょう。

 

ですがアサイーベリーはカルシウムも牛乳に決して見劣りしないぐらいの含有量があります。

 

このように栄養価という点で見た場合、アサイーは決して時代遅れということはなく、

むしろ栄養価が高いことから効率よく栄養を摂取するために、

重要な果物の一つであることは間違いなく、それは今後も変わらないでしょう。

 

ですので、ポリフェノール以外にも栄養価という点で注目してみると

このように意外な発見があったりします。

 

なお余談ですがアサイーベリーは食用としても、サプリメントとしても、

あるいはパウダーなどでもさまざまな販売形態がありますし、

酸味が癖になるという方も少なくないようです。

 

ちなみに私の子どもはアサイーが大好きですので、

牛乳嫌いで途方にくれていた私にとっては救いの手が差し伸べられたように感じました(笑)

 

どれが優れている??という点で見ることも大事かもしれませんが、

それぞれに特徴があり、優れている部分も多いのです。

 

 

 

 

タグ :    

マキベリーとポリフェノール

当サイト厳選ランキング

当サイトで厳選したおすすめサプリを一挙公開!

 

>>ランキングはこちら<<

TOPへ戻る